大学受験コース

プライム芦屋学院

0120-371-189

大学受験コース

 

学業の遅れを取り戻す最善の方法はプロの個別指導です!!!

英語・現代文 学年トップへの最短コースは、プライムの個別指導です!

独自開発のプライムメソッドにより、数多くの進学校の生徒を英語学年トップ、トップレベルへ引き上げた実績を誇る学院です! 古典文法の超速マスターもお任せください! 現代文も、学年トップを多く輩出しています!

 充実の講師陣で理系指導も万全です!!!!

大学受験コース

  大学受験は受験する学部、国公立か私立かによって、対策の開始時期は異なります。 学院で数多くの生徒を指導してきて思うのは、受験対策開始の時期が遅すぎる生徒が多い、ということです。 中には短期間で、受験レベルに到達する生徒もいますが、ほとんどの生徒は、やはり一定の質と量をこなさなくては、間に合いません。

 国立医学部、東大・京大レベルなら、中1からの準備が必要です。国公立大学はよほどの難関校は別として、高校1年のスタート時から準備が必要です。どんなに遅くとも高1の秋から取り掛かるべきでしょう。

 難関私立大学は、高13学期あたりから準備する必要があります。もちろんスタート時の各生徒の学力偏差値によって、適切と考えられる開始すべき時期は多少前後します。

 英語は文系・理系の区別を問わず、上位レベルに常に位置することが条件です。これに加えて、理系なら数学・理科(受験に関係する科目のみ)、文系なら国語、社会(受験に必要な科目)も当然上位成績を常に維持しておくことが条件です。

国公立大学は受験科目が多いため、それぞれの教科・科目の対策を綿密に進めていかなくてはなりません。高校では、練習が激しく時間に束縛されるクラブ活動は当然避けるべきです。まれに両立している生徒もいますが、それができる生徒は極めてまれです。

 難関私大でも、最初から体力を消耗し、時間を拘束されるクラブ活動は高校入学当初から避けて、ゆるめのクラブ活動であってもせいぜい高2の秋くらいで完全引退して、高2の後半からは受験一本で進めていくべきです。

 国公立大学コース 高1段階では週12時間、高2段階では週18時間 高3段階では無制限コースをお勧めします。 

21年定評の英語指導=PRIME METHOD> 

 海星・甲南女子Sアド・親和・小林聖心 いずれも高3の秋で英語学年1位を輩出してきたプライム芦屋学院の卓越した指導を是非あなたも!

 傑出した英語指導で定評のPRIME芦屋学院です!! PRIME METHODは高校受験・大学受験のみならずTOEICなどの英語の実用試験の文法の基本を正確に素早くマスターする最善の学習法です! 

芦屋校で実施しています。

ぜひ、PRIME METHODを体験してください!

 早慶上智・関関同立難関私大コース

1段階では週8時間、 高2段階では週15時間、高3段階では無制限コースをお勧めします。

コースの詳細はこちらへ

     

TOP