合格体験記

プライム芦屋学院

0120-371-189

合格体験記

2019年   大阪大学経済学部 神戸女学院高校Kさん    私は中学2年生の時、姉が通っていたのをきっかけにプライム芦屋学院に通い始めました。  私の学校では英語の授業を全て英語で行う会話重視のスタイルを採っており、文法の基本が理解できない私は徐々に授業についていけなくなっていました。入塾時はSVOやbe動詞の理解すら曖昧だったほどです。  しかし林先生のご指導に従って教材を進めて行くうちに、少しずつ英文解釈や英作文が上達していきました。英語の教材を1冊終えると最初の章の内容を忘れてしまうような要領の悪い私でしたが、文法の基礎に立ち返って少しずつレベルを上げて指導して下さったお陰で、入試本番時には不安なく臨めるだけの力がついたと思います。  また分野によって理解にばらつきがあった数学も、岩田先生のご指導により不得意な分野を克服でき、得点が安定していきました。岩田先生は、解法を覚えるのではなく問題を解くプロセスを自分の頭で考えるという点を重視されています。色々な解法を考える姿勢を身につけていった事で苦手意識が消え、逆に入試では想定以上の結果を挙げることができました。  プライムの最も良い点は、生徒1人1人の個性やニーズに合わせて指導して下さる所だと思います。私は一斉授業形式の大手塾にも通っていたのですが、プライムの先生方は塾の掛け持ちに理解を示してくださり、大手塾で理解しきれなかった部分もスルーせずわかりやすく指導してくださいました。 進路変更の際にも親身になってアドバイスを下さいました。  受験直前期は入試形式に合わせてご指導頂き、英語では毎日のように和文英訳や自由英作文の添削をして頂きました。大手塾では考えられないほど大量の添削指導が英語力アップと自信につながったのは間違いありません。  数学ではその場での解法解説だけでなく、翌日には別解やより分かりやすい解説を用意して下さるなど、私が完璧に理解できるまで親身になって指導して下さいました。  プライム芦屋学院の先生方には学力面だけでなく精神面でも支えて頂きました。先生方は決してネガティブな発言はせず、私の実力を把握した上で確信を持って励ましてくださいました。入試の直前に度々弱音をはいてしまった時も、先生方のそうした励ましの言葉を糧に最後まで頑張り切ることができました。    これからいよいよ大学生活が始まります。先生方のお陰で希望のスタート地点に立てたのです。プライムで苦手意識を克服できた分野をさらに強みにできるよう伸ばしていきたいと思います。     2019年 関西学院大学商学部 神港学園高校(卒)N君   僕は小、中、高と部活に励みほとんど勉強というものをせずにそれまで過ごしていました。 そして高校の部活を引退した後軽い気持ちで大学に行こうとし受験したところ、今まで勉強をしなかったツケがまわり、当然の結果で全ての大学に落ちてしまい浪人することが決まりました。  初め僕は家で1年間映像授業で勉強をし、現役の時に落ちた大学を目指すことにしていました。しかし映像授業だけでは勉強方法を教えてくれる身近な人がいなく、モチベーションも上がらず、そして自分の甘えから惰性で勉強をするという日々が続きました。  そういった日々が続いていたころ突然、同じ浪人でプライム芦屋学院で勉強していた友人(平成30年西宮戎福男の佐藤玄主君:AO入試で今春公立・私立難関の3校に合格))に誘われて体験学習に参加しました。  僕は今から塾なんかに入っても周りの速度についていけず、かえって成績が悪くなるだけだろうと思っていました。 しかし体験学習での林先生の指導によりその考えは180°変わりました。英語の基礎中の基礎であるsvocの分からなかった僕にも見合った教材から始めてくださり、生徒1人1人の能力、性格等を考慮した指導で入塾を決めました。  入塾してから、林先生の立ててくださる計画通りに参考書を進めていき、自分でも力が付いているなと実感するほど成績も順調に上がっていきました。  僕は家庭が裕福な方では無く、受験料は自分で稼ぐ、という条件で浪人をさせてもらっていました。日々のアルバイトをこなした後の勉強はとても辛く、時には寝てしまう日があったり、丸一日塾に行けない日などもありました。それでも先生は、最短で志望校を目指せるプランを立てて励ましてくれました。 浪人してから初めての模試で、全ての教科偏差値が10上がっていたことにとても驚きました。そこから目指していたレベルの大学(甲南大学)よりももう1ランク上の大学を目指すようになりました。成績が上がるごとにモチベーションも上がり、そしてまた成績も上がるという、今まで体験したことのない勉強の良いサイクルが出来上がっていきました。  しかし限られた勉強時間の中では、最後の模試でD判定が精一杯でした。それでも先生は「このまま頑張り続ければ絶対大丈夫」と言ってくれました。受験料も貯まりバイトも中断し、その言葉を糧に最後の1ヶ月で1日約14時間勉強を続け、人生で初めて「1日が24時間じゃ足らないな」と思うところまで自分を追い込むことができました。そして試験を迎え、今まで頑張ってきたことを思いだし、自分の力どおりのものを出せた時、達成感で胸が一杯になったのを覚えています。合格発表の日まで毎日が不安でしたが、ようやく「合格!」の文字を見たときは自然と涙が流れ、今までの人生で一番の喜びを迎えることができました。  受験勉強を通じて、努力は報われるということを学び、半年の通塾で偏差値を20も上げられた、ということで自信を持ち、性格的にも前向きになり、例えそれが困難なことであろうと挑戦する意欲を得ることができました。入学を控えた今も国家資格取得とTOEIC900点を目標に日々勉強を続けています。  このプライム芦屋学院では、人と人との「縁」や「運」というものをとても深く感じました。  なので僕自身も「縁」というものに関わり、将来は人の人生に携われるような仕事をしたいなと思っています。受験勉強に費やす時間は決して無駄なことではありません。むしろ自分を洗練していってくれるものだ、と僕は感じました。  短期間で学力を向上させたい、なんとしても志望校に合格したいという方には、是非、このプライム芦屋学院で学習してほしいな、と思います。努力は必ず報われます。     2019年 広島大学情報学部 市立西宮高校I君   ぼくは、受験勉強を始める時期が遅かったので、高校3年生の夏期の模擬試験では志望校のボーダーラインにもとどかない成績でした。  しかし、田中先生・林まない先生・水落先生・松尾先生、チューターの林事務長の諸々のアドバイスを信じ、英語・数学の二次試験対策とセンター試験対策を並行して進めていきました。その結果、秋ごろには、ボーダーラインを突破するようになり、年末には、A判定を出せるようになりました。  年明けのセンター試験本番でも予想以上の高得点をとることができました。  さらに、学院では、志望校の広島大学の傾向に合わせた綿密な二次試験対策を講じていただいたことが功を奏し、本番の試験では、体調不調という不運に見舞われながらも、それでも余裕を持って受けることができました。  合格した時の喜びは、最高でした。後輩の皆さんにもこの喜び・達成感・成功体験を味わってもらいたいです。  プライム芦屋学院は自信をもっておすすめできる塾だと思います。

TOP